• osaru

夏の太陽をしっかり蓄えた冷え取りの美味しい野菜

「やさい予報」10回目はかぼちゃです。かぼちゃは漢字で表すと「南瓜」と書き、その名にふさわしく、盛夏の日差しをたくさん蓄えた栄養豊富な野菜です。立秋から2週間ほど経ちますがまだまだ残暑が続きますね。でも自然と共に、カラダもゆっくりと秋の支度を始めています。今回は冬まで寄り添ってくれる頼もしい食材としてかぼちゃを紹介します。

このコーナーでご紹介したお野菜は、毎週土日に青山の国連大学前で開催されている、ファーマーズマーケットで購入することができます。お野菜の入荷情報にご協力くださっているのは無農薬、無科学肥料でお野菜を作る。バグラスファーマーズさんです。

(国連大学を背にして右手渋谷寄りにブースがあります。少し移動されているかもしれないので木の看板を目印に探してみてください。テントの上にぶら下がっている木の看板が目印です。) 南瓜の基礎知識 かぼちゃは、およそ500年前に、ポルトガル人が種子島に漂着した際に、鉄砲と共に日本に持ち込んだとされています。名前の由来もユニーク、ポルトガル人が原産地として「カンボジア」を教えたたところから「かぼちゃ」となったとされています。聞きまつがいは昔から存在するようです(笑)。旬は秋から冬、そして収穫は主に夏から初秋にかけて主に行われます。かぼちゃは種類も豊富で、収穫してからすぐに美味しく食べられるものと、3ヶ月前後寝かせ、甘みを引きだし美味しくなるものがあり、食べ方、栄養素のバランス少しづつ品種よって個性があるようです。

冬至にも風邪予防に食べられる程 栄養豊富な野菜

かぼちゃはウリ科の緑黄色野菜です。βカロテンがホウレン草に匹敵するほど豊富に含まれています。この他ビタミンB群も多く、ビタミンC、ビタミンEも含まれており、カリウムもたくさん含まれています。さらには食物繊維も豊富で、水溶性と不溶性どちらも含有する、お腹にも優しい野菜です。 南瓜は漢方で「カラダを温める食材」に分類されています。日々エアコンなどで冷えやすくなったカラダ保護してくれます。これから外気も徐々に冷える時期、立秋をすぎた今の時期から、まめに食べる食材としておすすめです。

漢方薬としても古くから親しまれた 南瓜の種 元来は主に体内の寄生虫を駆除する駆虫作用として利用されてきました。ほかには、咳を止める作用、また水の偏在を治す目的でも活用されています。湿度の高いこの季節。浮腫みなどで滞った水分を流す食材としてお試しください。

かぼちゃの保存法 丸ごとなら保存できる期間は暗所なら1から2ヶ月ほど日持ちします。カットしたらワタをしっかりと取り除き、匂い移りがしやすい食材なのできちっとラップして、冷蔵庫で保存しましょう。

美味しい一品

ハンドミキサーがあれば手軽に作れる 疲れた胃にも優しいほっこりポタージュ

かぼちゃの下ごしらえにレンジを活用すると簡単にカットすることができます。 ・かぼちゃ1/4カット ・玉ねぎ1個 ・にんにく、生姜 少々 ・豆乳(もしくはアーモンドミルク)400cc~500cc ・バター(あればギーで)少々 ・塩、胡椒、カレー粉 少々 お好でみ ・きのこ・かぼちゃのたね 野菜はそのまま放り込んでも良いですが、時短をするなら全て火が通りやすくなる大きさにカットしてください。そこに豆乳を入れて、弱火でじっくり煮込みます。 柔らかくなったらハンドミキサーでマッシュ。ポタージュの濃さはお好みで、水か豆乳を足して調整します。塩、胡椒、カレー粉少々で味を整え、仕上げの香りづけにバターを入れて、出来上がりです。

濃いめに作ってカナッペのトッピングとしても美味しい一品になります。残ったポタージュ毎冷凍保存しておくこともできるので、手作りスープのストックとしてもおすすめです。

<バグラスファーマーズさんのおすすめ>

バグラスさんではバターナッツというひょうたんのような形のかぼちゃがおすすめです。ワタの部分が小さいため、食べられる部分がたくさんあり、薄くスライスして生で食べることもできます。バターナッツという名にふさわしく甘みのあるコクが特徴で、上でご紹介しているポタージュもおすすめです。 ほか北海道 農enファームさんよりカーリーケール入荷します!苦味がなく旨味たっぷり。「夏バテ気味の東京の皆さんに召し上がっていただきたい!」とのこと。 たくさん種類のナスも入荷しています。すみだ農園さんの長茄子はとろっと甘いそうです。ぜひ足をお運びください。

やさい予報は以上となります。ご拝読感謝です。 よい週末をお過ごしください! 毎週金曜日10時から放送される「Crystal ISM」(Reinbowtown/FM周波数88.5MHz )。おさるは偶数週で登場いたします。

次回のOnAirは9月13日中秋の明月の日です。是非ラジオも聴いてみてください。

©   osalooon.info

SUBSCRIBE VIA EMAIL

  • ツイッター