• osaru

CBDってなんじゃらほい?

シェアオフィスで一緒に借りている、コスメ系を中心に活動しているYちゃんのデスクにあって、気になったので聞いてみたのがCBDとの出会い。ちょっと興味深い原料からできてて、なかなか優秀。おさるも業界的にはコスメ健康食品系は結構手がけてたので、少し深掘りしてみたくなりました。

CBD:カンナビジオールとは 麻から採取できるポリフェーノール「カンナビノイド」の一つ なんだかこの種類104種以上の物質が確認されているそうです。CBD:カンナビジオール(以下CBDと表記)はその中の一つだそうです。


同じ麻から採取されるため誤解されやすい成分でもある「カンナビノイド」の中には、THCと呼ばれる麻薬成分も属しているそうですが、THCの葉から採取される成分と異なり、茎や種子から採取されるCBDや、スーパーフードとも称されるへンプオイル、ヘンプシードはその作用がありません。 また、今回お話するCBDと、ヘンプオイルやヘンプシードは原料となる麻の品種が異なるため、一般的に売られているヘンプオイルやヘンシードにはCBDの成分が少ないか無いことが多いとも言われています。 CBDの成分が採取されるのは、品種改良を重ねた特定の麻の種子。その実から採取される、とても、希少性が高いものだそうです。

CBDが何に作用するかというと…

私たちヒトも含む、脊椎動物のカラダにある 免疫システムにも大きくかかわる 「エンドカンナビノイドシステム」

エンドカンナビノイドシステムとは

細胞間の情報交換を調整する役割、生体分子間の相互作用

<エンドカンナビノイドシステムが調整するカラダの働き>

  • 食欲

  • 認知・記憶

  • 神経保護

  • 痛み

  • 発達・老化

  • 免疫調整

  • 感情制御

  • 運動機能


カラダに本来備わっている自然治癒力がありその一つに免疫システムがあります。それら免疫システムのバランスを担うのが「エンドカンナビドシステム(ECS)」と言われており、体内のカンナビノイドはこれらを調整する働きをします。

老化やストレスで 内因性(本来体内で存在する動物性の)カンナビノイドが減少すると、神経と免疫システムの不調となり、様々な症状が現れるとされています。この不足分を植物性由来のカンナビノイドを摂取することで、緩和される働きがあるようです。この結果を受け現在も下記のような疾患について研究がなされています。


現在進行形でCBDの研究が進められている疾患について

  • 抗がん剤の副作用

  • 認知症とアルツハイマー秒

  • 関節炎

  • 糖尿病

  • 心臓病

  • 炎症

  • 皮膚疾患

  • 不眠症

  • 骨租しょう症

  • 多発性硬化症

  • 神経陰性疼痛

  • 炎症性超疾患

  • 統合失調症スペクトラム

  • 不安障害

  • 自閉症スペクトラム

  • 薬物依存症など (出典:日本臨床カンナビノイド学会「カンナビノイドの化学」より)


ということで免疫システムに作用するCBDは広範囲に渡って有効な成分のようですね。一部のがん治療にも、CBD濃度の高いオイルは、舌下に入れて浸透させるそうですが、それはそれでかなり高額のようです。



そんな高尚な話じゃなくて、日常遣いを考えたいんだよぅ!

毎日使えるお手頃価格なものはないかと探してみる

皮膚疾患についても作用があるならば、美容クリームとしても良いのでは?また、患部の痛み炎症にも効くと思い、今は日常で使えることに試しています。


  • 打ち身で発生した左側の肩コリがひどいので風呂上がり患部に

  • 仕事が疲れて集中力がなくなり眠くなったら保湿がわり目元周りに

  • 風邪で咳が出やすくなり首と胸へ


試したところ、打ち身の肩の痛みは疲れが出ると普通に寝てても痛くなる状態でしたがそれが徐々に緩和されました。

ユーカリとメントールも処方されているからなのか塗ると目さめて仕事できますw。それからこれは気のせい?とも思ったんですけど、2月のインド渡航ですっかり日焼けしてきていた肌のくすみがちょっと緩和、目元の大きめにできたシミもちょっと心なしか明るくなったような。もしかしてターンオーバする肌代謝が上がるのかもしれませんね。塗り始めて数日、肌がゴワゴワしたので、ナッツオイルで洗顔をこまめにするようにしています。ちょっとこれは違うことで実験しないと理由がわからないので、結果だけ記しておきます。 また、風邪で起きてた喉の痛みに加えて、咳もと空気が冷えると出始めていたのですが、お風呂上がりに塗って寝てからは咳き込みが減りました。


どれ買えばいいのかしらと迷ったあげくに選んだもの

色々探してみました。iHerbではヘンプオイルと混同しているのか、CBDと成分名を表記した製品は見つかりませんでした。そしてヘンプシード、ヘンプオイルは最初に書いたように、同じ麻でも品種が異なるため、CBDの成分は含まれていないこともありえると思い、現段階でiHerbの検討は断念。他のサイトだとなんだか電子タバコのリキッドまで出ていましたね。試してみようかしらと思ったりもしていますが、由来の物が物だけにちょっと初期のインディーズで試すのが少々及び腰になり、こちらも購入するのをやめました。


使用したものは写真でアップしているCBD DAILY 3500円(税抜き)でお手軽でした。セラム(オイル)とクリームどちらも同じお値段です。 クリームのほうがやや、ユーカリ、メントール成分が多いのかこちらのほうがスーッとする爽やかさは強いので、目元に塗る時は一度薄めに使って調整してください。


CBDなかなか優秀なのであります。ただいま自身と身内と知人を巻き込んで絶賛人体実験中。「背中のこわばりが取れた」、「眠る前に使ったら熟睡できたよー」など嬉しい声をもらっています。一番気になっているのは、姉の難病の視力の衰えをもう少しスローペースに緩和できないかなぁと思っており、プレゼントしてみようと思っています。また今は改善しているのですが、鬱を患っていた友人に少し気分が落ち込んだらこまめに眉間に塗るように(この理由はまた別のブログで)伝えているので、今度会う時にどうだったか訪ねてみたいと思います。

なんだかオロナインみたいな美容アイテム。健やかで美容にいいなんて優秀じゃん。とご満悦のおさるでございます。




書いたら塗りたくなりました。そしてデスクにはないので、後ろのデスクにおいてあるYちゃんのクリームをこっそり拝借して今日はおしまいにします。バレバレですね。





©   osalooon.info

SUBSCRIBE VIA EMAIL

  • ツイッター